アクセサリーコラム

ダントツの硬度と輝き・ダイヤモンド

LOVERS SCENE商品で最も使用されている宝石「ダイヤモンド」について詳しく見ていきましょう。
硬度について
ダイヤモンドは宝石の中でもバツグンの硬さをもっています。
モースという人が考えた10段階(モース硬度)によってあらわされる宝石の高度の最高ランクの10がダイヤモンドとなります。
硬さの秘密はダイヤモンドを構成している物質「炭素(C)」の結合力に他なりません。
小さくて重い物質がぎっしりとつまっているイメージです。

硬度は高いですが、結晶面に対して平行の方向においては、ある一定の衝撃によって完全にスパッと割れてしまう性質を持っています。
ダイヤモンドの底部(キューレット)を見ると、必ず小さく平らにカットされているのは、衝撃によって大きく割れることを防止するためです。
硬さへの過信からこの性質は忘れがちになりますが、くれぐれも注意して取り扱ってあげましょう。

輝きについて
ほとんどが無色透明に見えるダイヤモンドの美しさは光の美しさです。
ダイヤモンド内部に入った光が発射、屈折を繰り返し、ふたたび私たちの目に飛び込んでくる光の作用が輝きを生みます。
輝きを生む光は次の三つの光の経路をとります。

①ブリリアンシー:直角に入射した光がそのまま見る人の目に届く経路
②ディスパーション:屈折、反射を繰り返してスペクトルの虹を分散させる経路
③シンチレーション:光の表面でのフラッシュ効果

この3つの効果を十分に満足させるように研究を重ねた結果、考え出されたのがダイヤモンドの理想的なプロポーションとなります。
ダイヤモンドの真偽の確かめ方
ほんの1滴、水を宝石の表面にたらし、盛り上がり方で鑑別を判断する方法です。
ダイヤモンドはほかの宝石と比べると水を弾く力が強い性質を持っているのを利用します。
下記は水滴の盛り上がり方で何の石か判断する目安になります。

左が一番水滴の盛り上がりが高くなります。
Y.A.G合成スピネル・キュービックジルコニア > G.G.Gスピネル > 合成ルチル > ダイヤモンド > ダンビュライト > スキャポライト > クォーツ・ガラス

余談ですが、トランプのダイヤマークは、ダイヤモンドの原石の形からとったものだそうです。


※参考文献:ジュエリーブック 齋藤貴子著 ナツメ社



LOVERS SCENEでは、安心・高品質のジュエリーを自信をもってお届けしております。
宝石も熟練の技で選りすぐり、確かな輝きのものをお選びしております。

シルバーリングとはいえ、上質なダイヤモンドをあしらったリングが欲しいとのご要望にお応えしてお作りしたのがこちらのペアリング。

大切な人を優しくハグしているようなデザインで、個人的にも好きな華奢なリングです。

税込 20,350円

 

単品でのお取り扱いもございます。


いかがでしたか?
ダイヤモンドは探れば探るほど奥の深い宝石ですね。
最近では、日本の高い技術で天然と違わぬ美しさと品質をもつ人工ダイヤが出てき始めたそうで、今後サスティナブルな宝石として世界でも注目されるのではないでしょうか。
ジュエリーを選ぶなら、ダイヤモンドはひとつは持っていたいもの。プレゼントにもおすすめなので、ぜひじっくり選んでいただきたいと思います。

1万円以上送料無料!詳しくはこちら
本店限定 初回磨き無料 安心のアフターケア

Search

即日発送


メルマガ会員募集中

  • メール会員登録 お得な情報をお届けします 登録はこちら

Social

  • インスタグラム
  • facebook
  • line@
  • Twitter
  • ブログ

Mobile Site

  モバイルサイト
QRコードよりスマホサイトへアクセスして下さい。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 恋人の日

ページトップへ