アクセサリーコラム

幸運を呼び込む誕生石

アクセサリーを選ぶときに、誕生石で選ぶことも多いかと思います。そもそも誕生石とはどのような流れで決められたのでしょうか。

誕生石を身につける習慣がいつから始まったのかは確かな歴史は分かっていない ようですが、18世紀ごろ、中央ヨーロッパのポーランドに移住をしていったユダヤ人たちの間からその習慣が作られ始め、今日的なものに広められたと思われます。
誕生石はどんなふうに決まったの?
誕生石として12ヶ月の宝石がどのように決められていったのか。
魔力を持つと信じられ、12ヶ月に選ばれた宝石のリストは新約聖書の「黙示録」に登場してきます。
世界が終わり、新しい世界が現れるとそこには神の都ができ、その中心には神の神殿が築かれます。
その神殿の土台は12の美しい宝石でできており、この土台石が誕生石を意味しています。
この新約聖書の記述より前に旧約聖書の中の「出エジプト記」の中でも、モーゼに導かれた12の部族のそれぞれの印の胸あてにそれぞれ美しい宝石がはめ込まれていたという記述があります。
さらにさかのぼって占星術の世界では、12星座にそれぞれ守り神が存在し、守り神はそれぞれの色を持ち、エネルギー、宝石、金属を司り、さらに献花があります(この献花がのちの誕生花のもとになります)。
この守り神が司る宝石が誕生石のリストの大本になるようです。遡ること3000年の歴史があるんですね!

今日使用されている誕生石のリストは、鉱物学者、宝石学者として有名なG・F・クンツ博士の研究を参考にして発表されました。
各国の習慣とそれぞれの月の誕生石となっている宝石の出現率をまとめた、博士の研究を基礎としています。
ちなみにクンツ博士は「ティファニー社」の副社長としても有名です。

※参考文献:ジュエリーブック 齋藤貴子著 ナツメ社
誕生石とその意味
1月の誕生石Rhodolite Garnet(ロードライトガーネット)
『友愛、真実、勝利』
ロードライトと言う名前はギリシャ語で バラを意味する「Rhodo」と、石を意味する「Lite」に由来します。
これまでに地道に積み重ねてきた努力を実らせる効果があるといわれており、忍耐強さとしっかりと前向きな意思を持つことができるようにサポートしてくれます。

2月の誕生石Amethyst(アメジスト)
『誠実・心の平和・高貴』
古代から多くの人々に愛されてきたとされる紫色の『アメジスト』
アメジストは「愛の守護石」と言われており、恋の悪酔いから持ち主を守ってくれます。
また、心の深いレベルでの理解力や心の繋がりをもたらしてくれるので、本当に信頼できる友やパートナーを見極めるのに素晴らしい助けとなってくれるでしょう。

3月の誕生石 Aquamarine(アクアマリン)
『勇敢、聡明、祈願成就』
アクアマリンは、海のような癒しをもたらしてくれるため、周りの人に対しても優しく穏やかな気持ちで接することができるようになるなど、コミュニケーション能力をUPしてくれるといわれています。
また、人と人を調和させるパワーも持ちますので、仲違いしている夫婦や恋人には、仲直りのキッカケをそっと与えてくれるでしょう。

4月の誕生石 Diamond(ダイヤモンド)
『永遠の絆・純潔』
ダイヤモンドは「永遠の絆」「不滅の愛」を象徴しているとされ、婚約指輪や結婚指輪に使用されることがとても多く、愛する人との関係を強めてくれます。
またダイヤモンドは宝石の中で最も硬く、美しい輝きを持っていることから、持ち主に不幸を寄せ付けず、幸運をもたらしてくれるとされています。
※商品によっては、キュービックジルコニアになる場合がございます。

5月の誕生石 Emerald(エメラルド)
『安定・喜び・希望・新たな始まり・順応性・精神的平和』
エメラルドは和名、翠玉(すいぎょく)、緑玉(りょくぎょく)と呼ばれ、クレオパトラが愛した石として有名です。
美しいグリーン色の宝石で希望や新しい始まりを意味し、心の平和や順応性をもたらすと考えられています。
また、エメラルドの結晶構造は、忙しさや焦りといったストレスによる心身の疲労感をとり除き、心の安定、充実した人間関係を築く波動を生むといわれています。

6月 Blue moonstone(ブルームーンストーン)
『恋人たちの石・愛を伝える石』
ブルームーンストーンの乳白色のミステリアスな輝きは、優しく大きな愛情をはぐくみ、女性性を高め、愛する人との恋愛の成就、さらには幸福な家庭へと導く効果があるといわれています。
また、身に付けると未来への予知能力をもたらし、家族や親しい友人などの危険を知らせ、その危険から守ってくれると伝えられています。

7月Ruby(ルビー)
『勝利と栄光、情熱と愛情』
あらゆる危険や災難から持ち主の身を守り、困難に打ち克ち、勝利へと導くパワーがあるといわれています。
燃えるような赤色には不滅の炎が宿るとされ、健康や富を守護し、満ちたりた気持ちと深い愛情に恵まれるパワーを与えてくれるでしょう。
恋の成就を願う人にもおすすめです。

8月の誕生石Peridot(ペリドット)
『幸せ・夫婦間の愛・平和』
太陽のような明るさとパワーで暗闇に希望をもたらし、マイナスのエネルギーを取り除き、夢を実現させてくれるといわれています。
後悔しがちな人、ネガティブになりやすい人、嫉妬や恨み、怒りを捨てられない人にもおすすめです。
心身を癒し、前向きに生きられるよう力強くサポートしてくれるでしょう。
また、恋人や夫婦の関係を円満にするともいわれています。

9月の誕生石Sapphire(サファイア)
『信頼と誠実さ、堅固な愛』
サファイアは古代より、信頼・誠実・真実・貞節の象徴とされ、ダイヤモンドに次ぐ硬さから「堅固な愛の証」として象徴され、夫婦や恋人の絆を深めるといわれています。
また、サファイアは知性を増す・激情を鎮める・妄想を追い払う・邪悪なものから身を守る石とも伝承されています。

10月の誕生石Pink Tourmaline(ピンクトルマリン)
『広い心・貞節・思慮深さ』
恋愛に関してすべてに効果があるとされ、「愛の電流」を流し、愛情を強化し、愛の障害を取り除くパワーがあるといわれています。
愛を引き寄せて持続させるピンクトルマリンは、終わった愛を浄化するともいいます。
優れた浄化力によって心身のバランスを統合し、愛の喜びを手にするように導くでしょう。
愛情表現の力をアップさせ、持ち主の愛情がより一層輝くように導くといわれています。

11月の誕生石Citrine(シトリン)
『友情、幸福、甘い思い出』
シトリンは太陽を象徴する石で、生命力に満ち、勇気や希望、自信を運んでくれ、信念が揺らぎやすい人にお勧めです。
活力を与え、明るく元気になり、心身ともに健康にし、若返らせてくれる効果があるといわれています。
生きる希望が持て、何事にも積極的になり、充実した毎日を送れるようになるでしょう。

12月の誕生石Tanzanite(タンザナイト)
『誇り高き人、冷静、空想』
アフリカで産出されるこの美しく青い宝石は身体を強化する力もあるとされています。
特に精神面に働きかけ、ストレスを取り除いたり思考能力を向上させ、正しい判断を下すことができるようになるなど精神の安定・増強を図る力があるとさせています。
また、古代ケルト民族の間で『霊力を授ける魔法の石』として崇められ特別な儀式用の用具や首長の装飾品として使用されたそうです。

いかがでしたか?
想いを込めたい特別な時は、誕生石が選べるアイテムはいかがでしょうか。

1万円以上送料無料!詳しくはこちら
本店限定 初回磨き無料 安心のアフターケア

Search

即日発送


メルマガ会員募集中

  • メール会員登録 お得な情報をお届けします 登録はこちら

Social

  • インスタグラム
  • facebook
  • line@
  • Twitter
  • ブログ

Mobile Site

  モバイルサイト
QRコードよりスマホサイトへアクセスして下さい。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 恋人の日

ページトップへ