ブライダルフェア

アクセサリーコラム

サイズが合わない! 着けられなくなったペアリング対処法

2人の思い出の証であるペアリング。 ずっと着けていたいものですが、さまざまな理由で着用が難しくなることがあります。
体型の変化や怪我が原因でリングサイズが合わなくなってしまうことも。

指が太くなったにせよ細くなったにせよ、リングサイズの合わないものを着用し続けるのはリスクが高いので控えたほうが良いでしょう。
合わなくなったペアリングの着けっぱなしはNG
「ちょっとキツイけど、着け続けていれば痩せるだろう」
「少し緩いけど、一応着けてられるから大丈夫」

このように考えている人は存外多いのですが、サイズの合わないペアリングの着用はのちのち面倒なことを引き起こしがちです。
指が太くなってペアリングがきつくなってしまった場合、抜けなくなる可能性が出てきます。

指を保護するためにペアリングを切断しなければならなくなり、結果的に大切な思い出を手放すことに。

また、ペアリングが緩い場合も要注意。
いつのまにかに外れていて失くしてしまうかもしれません。

たとえ見つかったとしてもリング本体に傷や変形が付いていたり、最悪の場合はひび割れ・切断もありえます。
サイズが合わない場合は、しっかりと対処しましょう。
ネックレスにする
指じゃなくても身に付けてさえいればOKという方にオススメの方法。
ペアリングにチェーンを通し、ネックレスとして着用しましょう。
メリットはなんと言っても簡単なこと。

必要なのはネックレスに使えるチェーンだけなので、非常に安価かつ手間いらずの方法と言えます。
ペアリングはちょっと気恥ずかしいという方がよくやっているので、不自然な印象を与えません。

その際にはリングホルダーの活用がオススメ。
単体でも使えるネックレスなのですが、指輪をホルダーに装着することも可能ですので、チェーンに通すだけよりもオシャレ感がアップしますよ。

当店のリングホルダーネックレスは誕生石やカラーが選べたり、刻印可能だったりと豊富な品揃えとなっております。ギフトにもおすすめです。
サイズ直しをする
「指に絶対着けておきたい」とお考えの方は指輪のサイズ直しを行いましょう。
指に合わないのならば、ペアリングのサイズを変更すればいいだけのこと。
しかし、どんなリングでもサイズ直しができるとは限りません。

サイズ直しは一度切断して、サイズを合わせて繋ぎ合わせるもの。
そのため、デザインを崩してしまう恐れがあるものはサイズ直しが難しくなります。
周囲にデザインや宝石が施されているものはサイズ直しをお断りしているところが多いです。

サイズ直しを繰り返すとリング自体が弱くなってしまい、破損・変形することもありますので、
何度もサイズ直しを依頼するのは控えましょう。
最後の手段として考えておいてください。

当店でご購入いただくと、商品によってはサイズ直しを承っております。
安心のアフターケアにつきましてはこちらから。
ケースに入れておく
 
別に着けていなくても問題ないという場合は家で保管しておくことをオススメします。
少し磨いてもらって、ケースで大切に保管する。

たまにケースから取り出して眺めてみたり、指にはめてみると思い出があふれてくるもの。
結婚後、婚約指輪・結婚指輪を着けるようになって、ペアリングを着用しなくなった夫婦にも
オススメ
です。

ケースを持っていない、または処分してしまった、せっかくなら新しいケースが欲しいということであれば、当店でもケース単品での購入も可能です。


1万円以上送料無料!詳しくはこちら
本店限定 初回磨き無料 安心のアフターケア

Search

即日発送


メルマガ会員募集中

  • メール会員登録 お得な情報をお届けします 登録はこちら

Social

  • インスタグラム
  • facebook
  • line@
  • Twitter
  • ブログ

Mobile Site

  モバイルサイト
QRコードよりスマホサイトへアクセスして下さい。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 恋人の日

ページトップへ